Excel 職人のつぶやき

エクセルで作成した資産をデータベース管理ツールとして活用するためサイトです。

システム内製化は、Excel ファイルをデータベース化することから始まる。

本来、データを管理するのであれば、リレーショナルデータベースシステムを利用することが適切です。しかし、リレーショナルデータベースで管理すると印刷や表示など自由にレイアウトを作成できず、Excel を 使って毎回手作業で資料を作成することも少なくありません。

 

そのような解決策として、下記のようなご提案をしました。

f:id:muramoto1041:20171017111737p:plain

Access でデータ管理して、Excel に出力する 

 

これでも、なかなかシステム移行できません。

 

理由は、毎日行っている業務を変えると、業務に与える影響が大変大きいからです。

 

今までとほぼ同じ操作で、業務を効率化しないと現場では受け入れられないのです。

 

「今までと同じなら効率化できないじゃないか!」

 

言ってることが、矛盾しているように思われがちですが、そうではありません。

その方法は、Excel で作成した資産をそのまま利用して、データをデータベース化することです。

 

データベースに移行しながら、システムを改善する 

Excel連携データベース[カードボックス BARI]は、Excelを使いながら業務をデータベース化するために作成しました。

 

 

ExcelVBAを実務で使い倒す技術

ExcelVBAを実務で使い倒す技術