Excel 職人のつぶやき

エクセルで作成した資産をデータベース管理ツールとして活用するためサイトです。

Excel で Access のデータベースと接続してデータを参照する

エクセルでデータベースを管理するには、限界があります。

そもそも、エクセルは表計算ソフト(スプレッドシート)で、データベースシステムでは有りません。

 

そのため、データを保存・管理するには、データベースシステムを使う必要があります。

 

エクセルでの作業にデータを参照したい場合は、Accessのデータベースのデータを参照することをお勧めします。

 

このページでは、エクセルからアクセスのデータベースに常時接続してデータ参照する方法についてご説明します。

 

f:id:muramoto1041:20160202180950p:plain

 

 外部データベースの取り込み

エクセルには、[外部データベースの取り込み]機能があります。

[データ]タブの[Accessデータベース]を実行します。

f:id:muramoto1041:20160202182608p:plain

 

接続するAccessデータベースを選択します。

f:id:muramoto1041:20160202182634p:plain

 

空のワークシートの A1 を選択してください。

f:id:muramoto1041:20160202182653p:plain

 

Accessのデーブルが、接続されます。

(データをインポートしたのではありません。)

f:id:muramoto1041:20160202182714p:plain

 

Accessのデータベースを開いて、データを更新してみてください。

更新した後は、Accessを閉じる必要があります。

f:id:muramoto1041:20160202182734p:plain

 

Excelの[データ]タブの[すべて更新]を実行します。

Accessで更新したデータに、Excelシートが更新されると思います。

f:id:muramoto1041:20160202182812p:plain

 

このように簡単に Access のデータを参照できますので、マスターとなるデータは、 Access で管理することをお勧めします。