Excel 職人のつぶやき

エクセルで作成した資産をデータベース管理ツールとして活用するためサイトです。

エクセルをデータベースとして使うには、こうすればいいと思うのだけど、なぜ誰もやらないのかな?

エクセルは罫線ワープロじゃない

なんでエクセルをこんな使い方するのだろう?

 

毎回、毎回、会議のたびに同じような資料作って、もう疲れました。

f:id:muramoto1041:20140901130923j:plain

 

 

データとして管理するなら1件のデータを横一列に入力して、縦向きに連続してデータを繰り返して管理しないといけません。

 


 

 

 

f:id:muramoto1041:20140901131452p:plain

 

ここでやってはいけないこと

1.横に長くなるからといって、見やすいように1件のデータを2行で入力する。

2.見やすいように、月ごとに1月度、2月度とシートを分ける。

 

ワークシートのサイズは、最大1,048,576 行、16,384 列なので、どんなに増えても大丈夫です。 しかし、取扱うデータ量としては1万件以下のデータだと思います。

最新の Excel のワークサイズは、もっと多いのですが、これ以上のサイズを使う場合は、データベースを使う方が有効かと思います。

 

参考:Excel の仕様と制限 - Excel

 

 エクセルのフォーム編集機能は、使えない

フォーム編集機能

f:id:muramoto1041:20170705113710p:plain

エクセルには、上のようなフォーム編集機能があります。これがなんと中途半端なことか!ただ項目が縦に並ぶだけで最大項目数は32項目で、全く使えない!

 

それで[エクセルカード HARI]は、20項目/40項目/60項目/80項目/100項目編集画面を用意しました。

 

▼20項目画面

f:id:muramoto1041:20140904090123j:plain

 

▼60項目画面

f:id:muramoto1041:20140904090217j:plain

 

▼100項目画面 

f:id:muramoto1041:20140904090027j:plain

 

f:id:muramoto1041:20160512153300p:plain

 

システム設定画面で、フォーム項目数を20項目/40項目/60項目/80項目/100項目から業務に合う項目数を選択してください。

 

また、画面サイズに合わせてフォーム倍率の設定が可能です。全項目を画面に表示できない場合は、フォーム倍率を70%などに設定すると表示できます。

f:id:muramoto1041:20151124094744p:plain

 

データベース

データは、データベースとして縦に連続して管理することが基本です。

f:id:muramoto1041:20140904090441j:plain

 

 データベースのメリット

・フィルタ機能を使って抽出できる

・並べ替えができる

 

印刷シートに、データをリンクしてはダメ!

こうすると印刷書式を設定するのが面倒です。

 

f:id:muramoto1041:20140904091908j:plain

 

印刷シートをデータシートにリンクしてはいけません。印刷するたびにリンクを設定するようなことはできません。

f:id:muramoto1041:20151124102224p:plain

 

印刷シートは、[印刷作業領域]にリンクします。 

それで、印刷ボタンを押すと編集画面のデータを下のような印刷作業領域にコピーするような仕組みをプログラム化しました。

 

f:id:muramoto1041:20140904094011j:plain

 

エクセルカード HARI では、印刷時に編集画面のデータを印刷作業領域にコピーして印刷するので印刷用のシートはいつものようにエクセルの罫線機能で作成できます。

 

計算式は、下画面のようになります。

 

f:id:muramoto1041:20140904093315j:plain

 

印刷シートは、印刷領域にリンクを貼ってください。プログラムは、データを印刷領域にコピーをして印刷処理を実行します。 

f:id:muramoto1041:20151124103048p:plain

 

このようにすると、どんなレイアウトの印刷書式でもユーザーが自分で作成できます。印刷作業領域のデータを印刷するようにプログラムしていますので、いつものエクセルで作っている罫線設定と同じ方法で印刷書式を作ることが出来ます。

 

1ページ分の印刷書式を作成すると、すべてのデータを印刷することが出来ます。

 

f:id:muramoto1041:20140904100346j:plain
[モデル:Lala]

 

このような方法でエクセルのデータ管理をすれば、もっともっとエクセルをデータ管理ツールとして利用できると思いませんか。

 

f:id:muramoto1041:20151011125611p:plain

f:id:muramoto1041:20160512153300p:plain

 

エクセルカード HARI の使い方(動画) 


エクセルでデータベース管理|エクセルカードHARIの使い方01

 

Acces と Excel を連携して、本格的なデータベース管理を行うには? 

これからの業務システムは、スマホやタブレットでも閲覧できる機能が必要です。

いままで、Excel で管理してきたデータを クラウドシステムに移行するには、次のような手順を推奨します。

 

f:id:muramoto1041:20180302194650p:plain

 

Excel → Access → Azure → Office 365 と移行していく

 

【移行手順】

  1. 印刷レイアウトを意識して管理してきた Excel のデータを データと印刷テンプレートに分けて管理できるようにします。
  2. データを Excel から Acess に移行して、データベースと Excel を連携して運用します。
  3. Access のデータベースを Azure SQL データベースに移設して、データベースをクラウド化します。
  4. Azure SQL データベースと Office 365 を連携して、スマホやタブレットなどのデバイスからも閲覧できるようにします。

 

access-cloud.hatenablog.com

 

 

できるポケット Excel 2016 基本マスターブック できるポケットシリーズ

できるポケット Excel 2016 基本マスターブック できるポケットシリーズ

 

  

アクセス(Access)で簡単に開発するには

エクセルカード HARI を使って、データベースを作っても、多くのデータを連携することはできません。

 

さらに、データベースを活用するには、Access を使ってデータ管理する必要があります。

 

簡単に Access を使って データ管理 できるように「カードボックス BARI」を準備しました。(※ Access をインストールしていない方は、無料の Access Runtime 版をインストールしてください。)

access-cloud.hatenablog.com

 

Excel を Access と連携させる! 

Excel方眼紙を入力フォームにしたら、最強のデータベース入力画面だと思わない?